この記事に含まれるタグ :
スキー  

This photo was taken 1 years ago using a Ricoh GR Digital 3.

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

解放の恐怖@スキービンディングもリコールか!?

   ↑  2009/10/22 (木)  カテゴリー: スキー・インライン技術
web拍手 by FC2
ついにビンディングまでリコール発生か。
何度か、怖い思いをしたことがあるが、しょうがないと思っていたが、誤解放もあったのね。

高速でターンしていたときに、一本足になったときの恐怖。
不時着地点を探す、タイヤの出ない飛行機みたいな感じです。

分かる人には分かるはず・・。

アメアスポーツコーポレーションのグループであるサロモン(Salomon SAS、本社:フランス)、ならびにアトミック(Atomic Austria GmbH、本社:オーストリア)は、両ブランドが製造、販売した一部のスキーのビンディングトゥピース(取付金具のつま先部分)を対象に、本年11月6日(金)よりリコールを実施いたします。 対象となる製品は以下のモデルです。

【対象となるモデル名、製造期間、および日本での販売期間】

SALOMON LZ9 (サロモン エルゼット9)
製造期間:  2008年7~10月
日本での販売期間: 08年11月~09年10月頃


ATOMIC Evox2.8 (アトミック エボックス2.8)
製造期間: 08年7~10月
日本での販売期間: 08年11月~09年3月頃

※販売期間は各販売店の在庫状況により若干異なります。

上記モデルのトゥピースは、特定の条件下においてスキー滑走中に十分な強度でスキーブーツを保持できないという不具合が生じて誤解放を招く恐れがあり、最悪のケースでは滑走中に転倒、あるいは怪我を負う危険や、外れてしまったスキー板による第三者への傷害を含む事故を引き起こす可能性があります。  HPより 引用


サロモンスキー、ならびにアトミックスキー ビンディングトゥピースのリコールについて

関連記事
スポンサーサイト

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

FC2スレッドテーマ : スキー (ジャンル : スポーツ

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-92.html

2009/10/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 解放の恐怖@スキービンディングもリコールか!?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。