This photo was taken 1 years ago using a Ricoh GR Digital 3.

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

検定員はプレターンを見てる?

   ↑  2012/01/06 (金)  カテゴリー: スキー・インライン技術
web拍手 by FC2
その昔、検定員に聞いた事がある。

「滑りのどのあたりを集中して見るのですか?」と。。

検定員曰く、

「プレターンでだいたい点数をつけるね。」

と言っていた。

残りのターンは、良ければその点数(プレターンでつけた)からプラスするし、悪ければマイナスしていくとの事。
あくまで、その受験生の基準点は、プレターンもしくは1ターン目で決めてしまうらしい。

全ての審査員がそうではないと思うが、確かに、人の動画を見ていると、実はプレターンが一番分かりやすい事が分かる。

何が分かりやすいかというと、”その人が何をしたいのか”、つまり”滑りの運動をどう考えているのか”が如実に現れるからだ。
後半になってスピードが出てくると、ごまかしが効きやすく、動作が早くなるので、”何をしたいのか”が分かりにくくなっていく。


例えば、これは 志賀ジャイアントでの前走の方のプレターンをスローで再生したものであるが、



どのようにターンに入って行こうとしているかが、非常に分かりやすい。


ちなみに、これは五竜での前走の方のスロー



スピードがついていないので、きちんと運動をしないと身体の傾きが出ない。
これだけ、傾ける事が出来ているということは、正確な身体の使い方が順番通りに出来ているということだ。

意識をプレターンに絞って、まずはこれを真似るところから始めるのも良いかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-410.html

2012/01/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 検定員はプレターンを見てる?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。