This photo was taken 1 years ago using a Ricoh GR Digital 3.

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

スライディングのイメージが今になって

   ↑  2012/01/03 (火)  カテゴリー: スキー・インライン技術
web拍手 by FC2
もう、五年程前かな、志賀でスクールに入った時に、ターンのイメージというか練習として、¨スライディングのような感じ¨と教わったことがある。

要は、斜滑降をしてきて、スライディング(ターン)、そしてまた斜滑降と言った感じにつながって行く。

当時、直ぐに友達とスライディングの練習をしたが、これがまったく上手くできず…

昨年、志賀のジャイアントでのブライズテストの前走を見て(このブログでも動画をアップしている)、この滑り方だと思った。

先日、志賀で初滑りをした時に、このスライディングのイメージを分かりかけた気がした。

スライディングをする準備の姿勢が大事だという事。

今度、図解しておきたいが、一般的にスキーで言われている¨くの字姿勢¨と逆のくの字を、スライディングの前に一瞬作る。

そうすると、スライディングをした時に、きれいなストレート内倒が出来上がる。ターン前半の形としては良い。

これが、体が真っ直ぐのまま、脚からスライディングさせると、一般的なくの字姿勢になってしまい、体全体でスキーを押せるポジションではなく、古い滑り方になってしまう。

ちなみに、この¨逆くの字姿勢¨を作る時には、内脚のかかとに荷重ポイントを持ってきておき、内脚の外旋を使いながらスライディングをすると上手くいくと思う。

関連記事
スポンサーサイト

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-409.html

2012/01/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : 検定員はプレターンを見てる?
この前の記事 : 奥志賀高原

Comment

コメントを投稿する 記事: スライディングのイメージが今になって

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 検定員はプレターンを見てる?
この前の記事 : 奥志賀高原
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。