This photo was taken 1 years ago using a Ricoh GR Digital 3.

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

どうしていますか?スキーブーツのカント調整②

   ↑  2011/12/24 (土)  カテゴリー: スキーに関するマテリアル
web拍手 by FC2
スキーブーツのカント調整、どうしていますか?

このブログで書いた2年前のこの記事が今でも人気がある。
どうしていますか?スキーブーツのカント調整

調べてみると、検索エンジンの”スキーブーツ、カント調整”などのキーワードで検索されているらしい。

意外。というか、やはりというか。

それほど、スキーブーツのカント調整には分からない部分があるのだろう。

どこのメーカーのブーツでもほとんどついているカント調整機能。

↓この部分。
R0010347.JPG

ブーツを購入する際、きちんとしたショップだと調整までやってくれる。

大抵、カント調整部分を付属の六角レンチで緩めた状態で斜めの台に乗って、少し屈伸をした後にそのままの位置でレンチでしめるといった感じで調整する、と思う。

上の写真は、僕のブーツだが、お茶の水のアスペンで調整してもらった。
かなりのO脚なので、こうなる。

さて、カント調整はどのような効果があるのだろう。

簡単に言うと、

●エッジが立ちにくいということでカント角を増す(外側に開く)とエッジは立つが、スキーは直進性が高まる。
●逆にカントを無くすとスキーは多少のズレを伴いながら回転性を増す。引用


ということだ。この人が言っているのだから間違いない。

(参考)「ブーツ調整の仕方と最近のスキーブーツの傾向」  渡辺一樹

高橋育美さんのブログでもこんな記事があった。
初滑り&ブーツテスト

実は左足のカントが大幅にずれていたのですが
カントプレートを入れないで滑ったら
まったく外スキーが捕らえられなくて上体ばかりが先行してしまいました

いつもは常にカントが適正な状態でスキーをしていたので
ずれた状態ではまったくスキーにならないことに気付きました   引用



ちなみに、滑りのレベルは全く違うが、僕も左が特にO脚であるため、踏めずに状態だけが先行してしまう癖がある。

ただ、ブーツのカント調整の幅は小さいため、場合によっては、板のプレートやブーツのソールの下に細工をすることも必要になる。
例えば、下のブログで紹介されているように、板のプレートの下に薄い樹脂板をかますなど。。
チューンナッパーオリジナルのカント調整!(1畳ゲレンデ)

良くある方法は、ブーツのインナーにガムテープなどを貼って調整したり、レグザムは専用のパーツも売っていた。
これは、一昨年まで履いていた僕のレグザムブーツの場合。

左にだけ下のようなプレートを入れていた。
CIMG3125.jpg



また、必ず一緒にやっておきたいのが、カスタムソールの作成。
さらに凝るとアッパーシェルもいじくる事になる。

この辺りは、専門のショップがあるので、検索エンジンで”ブーツ、チューン”などで検索するといくつか出てくると思う。いろいろ勉強になる。

つまり、ブーツを足に合わせるということは、カントだけで調整出来るほど簡単な事ではなく、きちんと力が雪面に伝わるようにするためには、ソール、シェルなど全体をカスタムする必要がある。

という事ですね。

それと、もっと大事なのは、自分の滑った時の感覚、特に雪面から足の裏に伝わる感覚に敏感になることだと思う。




関連記事
スポンサーサイト

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-406.html

2011/12/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: どうしていますか?スキーブーツのカント調整②

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。