This photo was taken 1 years ago using a Ricoh GR Digital 3.

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

10/11シーズン12,13日目@志賀高原スキー場

   ↑  2011/02/14 (月)  カテゴリー: 10/11 シーズン
web拍手 by FC2
3連休の金、土曜日と志賀高原へ。
久々の宿泊スキー。

関東から北陸の大きな範囲で雪で、帰りはもう少し遅かったら、上信越道の通行止め(長野から上)に引っかかるところだった。

でもスキー場はそれほど悪天候でもなく、快適でした。

ジャイアントも雪が比較的柔らかく、いつものカチカチではなかったです。

Photo 2月 13, 22 41 23

本当は、妙高杉の原あたりに行きたいと思っていたのですが、友達がジャイアントでテクニカルを受験するというので、志賀にしました。

土曜に帰ったので、当日の受験者の数は不明ですが、事前講習は、テクニカルとクラウンとも15人弱といった感じかな。

やはりクラウンは上手かったな、当たり前だけど、テクニカルとはターンの落差が違う。

先生の話だと、テクニカルで大回りは6ターンくらいで滑り降りるのが理想だそうな。
ターンからターンの斜滑降は斜め45度だそうな。

目の保養として、先生の滑りをアップしておきます。



ターン前半の傾きの大きさとターンの抜け出しの早さ。
何年か前にジャイアントのスクールで教わったスライディングと斜滑降をつなぐイメージかな。



小回りも前回スクールで教わったイメージだと思う。


いずれも、ターン前半で内脚を体の遠くに離した後、外脚で捉えられるかどうか。
先生は、体の持っていく方向が違うと板と体がバラバラになると言っていたが。

これが出来ないんだよな~。



関連記事
スポンサーサイト

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

FC2スレッドテーマ : スキー (ジャンル : スポーツ

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-370.html

2011/02/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 10/11シーズン12,13日目@志賀高原スキー場

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。