This photo was taken 1 years ago using a Ricoh GR Digital 3.

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

ザウスはつぶれてなぜ狭山はつぶれないのか

   ↑  2010/12/16 (木)  カテゴリー: スキーネタ・お得情報
web拍手 by FC2
ザウスと狭山、といえば人工スキー場。

両方とも学生時代から愛用していたスキー場だ。
狭山は去年も何回か行った。

10月後半のオープンから狭山は意外にも盛況だ。
斜面や雪質はおせじにも良いとは言えないし、行った自分が言うのも
何だが、何故そこそこ人が入っているのだろうと思ってしまう。

↓2009年に行ったときの狭山
CIMG1104.jpg

ザウスくらいの斜面と雪質の人工スキー場があれば絶対に行くのにと思ってしまう。

でもザウスは何故つぶれてしまったのだろう。

一部のスキーヤーにとっては、カリスマ的な人気があったのに。

ネットをみていたら、以下のような記事にめぐりあった。
屋内人工スキー場「ザウス」(なぜ売れない誤算の研究)

簡単に言うとマーケティングのミスとの事。
顧客のニーズは把握していたが、顧客の習慣や発想と剥離があった。

当初、三井不動産は、通年で手軽に行ける、ショッピングのついでにいけるような
イメージで初心者から幅広く利用者を集める戦略であった。
いわゆるスケートやプール施設のようなイメージだ。

事前に消費者に面接をするなど、マーケティングを行ったうえで、年間平均して
お客が入ると見込んだ

ところが、実際集まってきたのは、私たちのような、冬に1ヶ月近くも滑るヘビー
スキーヤーであった。
山に雪がつもる前の11月頃はこういったスキーヤーで来場者はピークとなるが、
当初、考えていた130万/年の来場者には遠く及ばない。2002年には60万
人/年程度になった。

この集客では経営が成り立たなかった。

一方、狭山はどうなのだろうか。
西武グループ再編でも手放されなかったので、経営状態は良いようだ。
通年営業ではないので、冷却費もそれほどかからず、土地は西武のものなので、
固定費がかなり少ないのかもしれない。

↓固定費が少なそうな狭山(すみません)
CIMG1105.jpg

それで、ヘビースキーヤーの人口でも十分経営がなりたつのだろう。
と共に、行ってみると意外とヘビースキーヤー以外も多いことに驚く。

スキー場まで行くのはめんどうだが、ちょっと雪遊びというカップルやファミリーも
多くはないながら取り込んでいる。

ザウスがつぶれて、狭山がつぶれないわけは、その固定費が大きな要因なのは確かだが、
それだけではない何かがあるような気がする。

関連記事
スポンサーサイト

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

FC2スレッドテーマ : スキー (ジャンル : スポーツ

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-342.html

2010/12/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: ザウスはつぶれてなぜ狭山はつぶれないのか

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。