この記事に含まれるタグ :
スキー  

This photo was taken 1 years ago using a Ricoh GR Digital 3.

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

スキーブーツから考える体の安定とは?

   ↑  2009/11/11 (水)  カテゴリー: スキー・インライン技術
web拍手 by FC2
スキーブーツに求められる大切な機能に「滑走時の体の安定」がある。
「滑走時の体の安定」・・・この意味とは?

スキーグラフィック11月号のコラム「科学的に考えるブーツのあれこれ」(P98)が興味深い。
スキーブーツR&Dの山本和男さんのお話によると、

この「体の安定」の意味するところが、プロと呼ばれる人によっても非常に曖昧という事だ。

現在、どちらかと言えば競技なのか基礎なのかなどの条件によって硬さが決めれられているが、本来、使う人の身体条件の方が圧倒的に重要ではないか。
このノウハウがないため、環境条件が優先されてしまっているのではないか。

そして、現在、大方のスキーショップの意見を集約すると、「硬いブーツはいけないが、柔らかいブーツは滑走時、不安定になるため、一般スキーヤーには硬めのブーツをすすめている」といった感じであるが、

これが、実際のブーツの設計者の意見とは大きく異なるとの事だ。

最後の部分を引用させて頂くと、

スキー滑走時の身体の安定という要素で考えた場合、硬いスキーブーツは体が安定していて、柔らかいブーツは体が不安定になるのだろうか。
「競技をするから硬いブーツが必要」
「上級者だからこれくらいの硬いブーツを履いたほうが安定する」
果たしてこれらの考え方の正当性はあるのか。
次号はもう少し掘り下げてみたい。引用



ええっー、来週に続くか!
しかし、この根源的な問いに深く掘り下げるこのコラム、注目です。

ちなみに山本さんのスキーR&DのHP↓
スキーブーツR&D


SKI GRAPHIC (スキーグラフィック) 2009年 11月号 [雑誌]SKI GRAPHIC (スキーグラフィック) 2009年 11月号 [雑誌]
(2009/10/10)
不明

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

FC2スレッドテーマ : スキー (ジャンル : スポーツ

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-148.html

2009/11/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: スキーブーツから考える体の安定とは?

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。