このページの記事目次 ( ← 2013年01月 → )

This photo was taken 1 years ago using a Ricoh GR Digital 3.

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

12/13シーズン8,9,10日目八甲田BCツアー

   ↑  2013/01/30 (水)  カテゴリー: 12/13シーズン
web拍手 by FC2
つ、、ついに行ってしまいました八甲田。

そう、八甲田といえば、小さい頃見たこの映画。
とても、印象に残ってました。


その厳冬期の八甲田に、買ったばかりのファットスキー、バックパックを持って滑りに行きました。

金曜日に、羽田から青森空港に飛び、市内で宿泊。
海の幸とスコップ三味線にいそしみ、土曜日の朝、いざ八甲田へ。

強い低気圧がきており、まずロープウェイは動かないだろうと言われていたが、なんとなんと、意外によい天気。
普段の行いが良かったか?

酸ヶ湯のツアーに申し込み。
ロープウェイで山頂に上がり、
R0012132.JPG

午前中は、銅像コース、午後は、フォレストコースを滑った。
銅像コースの大斜面は刺激的だったな。

フォレストコースの写真。
なんと幻想的。
R0012068.JPG

しかし、ツリーランは慣れていないので、緊張して本当に疲れる。

2日目はシールをつけての移動。
初めてなので、これだけでもとても楽しい!!

すこしずつ慣れてきたが、下って止まる時に、ついかかとを浮く事を忘れてしまい、前のめりに倒れてしまう。
これがとてもかっこ悪い。

そして、最終日、3時のバスで帰らなければならなかったため、ツアーはショートでの申し込み。
なんと、ピーかんでした。
R0012145.JPG

樹氷の中を歩いて行く、なんと贅沢!!
R0012158.JPG

ビデオは持って行かなかったので、iPhoneで取った唯一の動画。


一生の思い出になりました。
スポンサーサイト

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-471.html

2013/01/30 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

野沢の火祭り

   ↑  2013/01/14 (月)  カテゴリー: スキーネタ・お得情報
web拍手 by FC2
三連休の土曜日、日曜日と久々に野沢温泉に行ってきた。

天気は快晴、温泉もGOOD!!熱い!!
上の平ゲレンデ。
Untitled

夜は、温泉をハシゴ。。そして、散歩した。
照明と雪がマッチして、何とも言えない雰囲気が。写真は麻釜(おがま)。
Untitled

泊まった宿のご主人に、”火祭り”の話を伺った。
日本三大火祭りに数えられ、毎年1月の15日に行われる。

今年は、平日(火曜日)になってしまったが、僕らの行った13日は、”ご神木の里引き”という行事が行われていた。
日陰ゴンドラとカンダハーコースの下辺りに、ご神木が準備してあった。

ご神木の里引き

社殿を造る木材は前年の秋に山から切り出されます。
ご神木引きは、社殿の中心となる5本のうちの2本を25歳の厄年と42歳の厄年が二組に分かれて日影ゲレンデから温泉街を通り会場まで三時間あまりをかけて引き出します。長さ20メートルもあるブナの大木を引く沿道の家からは御神酒を奉納され、その都度大声で披露し道祖神の手締めが行われ、見守る人々に御神酒が振る舞われます。野沢観光協会HPより引用



なかなか平日休んでは行けないが、いつか必ず見てみたいと思った。
火祭りの様子をYouTubeにのっていたので、アップします。


宿のお母さんから、道祖神のホルダーをもらいました。
ありがとう!大事にしますね。
Untitled

道祖神とは?

 小正月に正月飾りや締め飾りなどを焼く「どんど焼き」ともいわれる行事は各地で行われています。その歴史は古く、平安時代に宮中や公家の宮廷行事として記録に残っています。
 道祖神は、「どうろくじん」「さいのかみ」「さえのかみ」などとも呼ばれ、災厄の進入を防ぐ神とされ、石像などに刻んで村境や辻などに祀っています。
 また、子供の成長や子宝祈願などの対象として、ほぼ全国に広く祀られている民間信仰の神です。中部地方から関東地方を中心とする地域では、この神を石像などに刻んで村境などに祀り、この祭りとして小正月に火祭りを行うことがひとつの特徴となっています。その内容は各地で多彩な内容を持ちますが、長野県の北信地方では、初子の祝い・厄年の祓い・良縁祈願などの性格をもつとともに、火をめぐる攻防戦を伴う道祖神祭りが伝承されています。野沢観光協会HPより引用/p>



野沢って、本当に暖かいスキー場です。
帰りは、何か寂しくなりました。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

FC2スレッドテーマ : スキー (ジャンル : スポーツ

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-470.html

2013/01/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。