このページの記事目次 (カテゴリー: スキーに関するマテリアル

total 6 pages  次のページ →  

This photo was taken 1 years ago using a Ricoh GR Digital 3.

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
web拍手 by FC2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

スキーグローブを補修してみた

   ↑  2012/12/16 (日)  カテゴリー: スキーに関するマテリアル
web拍手 by FC2
スキーのグローブが破けてきた。

買って、2、3年くらいだと思うけど、内側の布が劣化。
うーん、思ったより長持ちしなかったなあ。

新しいのを買おうと思ったけど。
指先の縫製などは、問題ないので、もったいない感じもした。

Untitled

そこで、ダメもとで補修してみようと思い、東急ハンズで、いろいろ物色した結果、靴の内側の皮に使う補修キットが使えるのではないかと考え、買ってみた。

Untitled

入っている皮を、グローブに合わせてカットして、同梱しているボンドで張り付け。
作業時間は、10分程度。

Untitled

こんな感じになりました。
どのくらい耐久性があるのか?
今年いっぱい持てば、良いなあと思ってます。

Untitled

スポンサーサイト

位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

FC2スレッドテーマ : スキー (ジャンル : スポーツ

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-466.html

2012/12/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

ブレスサーモエブリとヒートテック

   ↑  2012/12/09 (日)  カテゴリー: スキーに関するマテリアル
web拍手 by FC2
スキーのウェアの下に着るインナーウェア(下着)の話ですが、近年、色々な発熱系下着が出ているけど、どれがスキーに適しているのだろうか。

というのも、
先日、冬支度のため、近くのヒマラヤに行き、インナー類を物色したところ、ミズノの”ブレスサーモ”が売ってたので、「おっいいな」と思って手を伸ばしたのだが、これが結構高い。

メンズ用の長袖で4500円程度。

インナーは、毎日変えると思うので、2、3枚は欲しい。
となると、ちょっと手が出ないなあと考えていると、その下に、”ブレスサーモエブリ”という商品があり、これは、1995円。

同じブレスサーモで、何故にこんな値段差があるのだろうかと思い、近くの店員に聞いてみたところ、

「ブレスサーモの素材の入っている量が違います。高い方は、だいたいユニクロさんの3倍は暖かいです。ブレスサーモエブリでも、十分、ユニクロさんよりは暖かいですよ」

とのこと。

それで、結局は、お財布にやさしい”ブレスサーモエブリ”で、シャツ、タイツ、靴下を揃えたのだが、

Untitled

実際、どのくらい暖かいものなんだろう、他メーカーと比べて何がどう違うのか、そもそも何で暖かくなるの。。と、いろいろな疑問が湧いてきたので、ネットでいろいろ検索したところ、いろいろなサイトで比較がされていた。

something-blog ヒートテック vs ブレスサーモ」

京都マダムのオーガニックコスメダイアリー 個人輸入情報もホットコットVSヒートテックVSブレスサーモ あったかインナーを比較2012

旅人系リターンライダーの足掻き ヒートテックvsブレスサーモvs光電子

ミルクの徒然日記 ブレスサーモ VS ヒートテック

皆さんの実際の体験をまとめると、やはりブレスサーモエブリは、ヒートテックより暖かいようだ。

ただ、肌触りや伸縮性に関しては、ヒートテックに歩があるようなので、普段の通勤などで使うにはヒートテックが良いかもしれない。

実際、スキーのインナーに使用しての感触は、また後日報告します。


位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

FC2スレッドテーマ : スキー (ジャンル : スポーツ

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-452.html

2012/12/09 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

ファットスキーが届きました

   ↑  2012/12/02 (日)  カテゴリー: スキーに関するマテリアル
web拍手 by FC2
先日、購入したアトミックのファットスキーが、ビンディングの取り付けを終えて届きました。
右の基礎スキーの板と比べると、かなりファットな感じが分かると思います。

R0011900

実は、スキー板はそれほど高くなかったのだが、ビンディングが結構しました。(4万弱)
板から、ブーツのソールまで結構高さがあるのね。。

R0011903

こんな感じにかかとが浮きます。(初体験!!)

R0011905

スキーグラフィックで、パウダーの滑り方を読んでいたら、外脚荷重って書いてあった。

良かった、、何も考えず、外脚を踏めば良いんだ!!
さよなら、難解な基礎スキー。
って、冗談だけど。

イメージだけは、こんな感じ。



位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-448.html

2012/12/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

ファットスキーを買いました

   ↑  2012/11/19 (月)  カテゴリー: スキーに関するマテリアル
web拍手 by FC2
記事でも何回か取り上げましたが、いろいろ調査をした結果、アトミックのファットスキーを買いました。

■THEORY

¥63,000 / 税抜価格 ¥60,000
操作性のいいサイドカットを持ち味とするTHEORYが、今シーズン、カーボンバックボーン搭載でさらに進化。スキー全体の反応を高め、雪山のあらゆるシチュエーションにおいて、ストレスのない走破性を発揮します。


aa0024384_fts.png

Lengths Sidecut (Top/Waist/Tail) Radius Center
177 cm  130/95/119 mm  19 m − 81.5 cm



タナベスポーツより↓
13_vantage_theory.gif

WANGELスタッフコメントhttp://wangel.jp/ski_atomic.html

オールマウンテンロッカー採用モデルで、全長の70%にキャンバーを取り入れています。補強材のカーボンが生み出す軽快なレスポンスがゲレンデでの快適なスキーイングに役立ち、「ちょっと太めのスキーにトライしてみたいな」と考えている方にとって、“普通のスキー”から履き替えるのには打ってつけの一台といえるでしょう。



今まで記事にしていたように、基礎スキーヤー向けのファットスキーとして、
① センターは、90−100mm
② ラディウスは、20m前後
③ 長さ175−180cm前後
の3点を満足するものを選んだ。

セオリーは、ある程度、軽くて、フレックスがしっかりしている。
ゲレンデでも、板の張りを感じて滑れそうだし、パウダーも楽しめる。
アルマダのTSTを買うつもりだったけど、こちらの方がコストパフォーマンスが良かった。

しかし、ビンディングが結構高くて、40000円以上。

ディアミール DIAMIR
ツアービンディング
img56959163.jpg

FREERIDE PRO フリーライド プロ
ストッパー100mm



アルペン用のビンディングで良いと思っていたのだけど、幅が、中々マッチしないようで、ストッパーだけ取り替えるにしても、これも結構高価(8000円くらいする)

だったら、将来のバックカントリーにも使えるように、ツアービンディングにしてしまいました。
そして、結局、安売りしていたシールも、一緒に、買ってしまった。

ブラックダイアモンド BlackDiamond
スキーシール
アセンション ナイロンSTS 110mm
ono2011112401_1.jpg



バックカントリーまでは、手を出すつもりはなかったけど。。
これは、やらなきゃいかんなあ。



位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-430.html

2012/11/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

基礎スキーヤー向けのファットスキーは何が良い?②

   ↑  2012/11/12 (月)  カテゴリー: スキーに関するマテリアル
web拍手 by FC2
前回の記事に続き、今まで基礎スキーをやってきた人が初めてファットスキーを購入する際のガイドです。

丁度、今月号のスキーグラフィックに参考になる記事がありました。

Untitled

あまり詳細には書きませんが、基礎スキーヤーは、ある程度、キャンバーが生み出す返りや、そこから生み出される走りがないと違和感が感じるだろうとの事で、”ノーズに適当にロッカーが入り、テールまでキャンバーが入ったモデル”が最初に手にするファットスキーとしては、良いのではとの事。

整地も滑れて、パウダーも楽しめるとなると、センターで90〜100mm、ラディウスは20m前後、自分の身長より少し長め程度が良い。との事。

僕は、欲張りで、ゲレンデである程度整地も楽しみたいので、グラフィックに載っていた板の中では、

k2だと、”COOMBACK”

ウエスト102ミリのAll-Terrain Rockerは、Doug Coombsの多用途性を持ち、浮遊感と敏捷性のバランスが絶妙。COOMBAckは、Ford-StettnerやGrand Tetonルート走破に非常に向いている板です。
Sizes: 167, 174, 181, 188
Binding Options: No Binding
Performance: 整地50%不整地50%
Radius: 22m @ 174
Construction: Triaxial Braided, Cap, Fir/Aspen
Weight: 1800g





それと、G3の”Tonic”あたりが、狙い目かなと思った。

新しい「ジョイライドテクノロジー」によってデザインされたトニック。ゲレンデでもオフピステでも予想通りの反応と容易な浮力、そして操作性を実現。スリリングな滑走や記録を追い求める大胆なスキーヤーにとって、G3の新しい万能薬です。
LENGTHS: 172 / 177 / 185 / 192 cm
TIP/WAIST/TAIL WIDTH: 132 / 100 / 123
Radius:  19m @ 172
WEIGHT (PAIR): 3.6 KG / 7.9 LB (172cm)



G3 2013 TONIC Skis from G3 Genuine Guide Gear on Vimeo.


位! にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ位!人気ブログランキングへ位!ブログパーツアクセスランキング

(記事編集) http://shiodukenoinu.blog55.fc2.com/blog-entry-428.html

2012/11/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。